2009年10月 6日 (火)

九州(ほぼ)一周

土曜日、普通に練習して、仕事から帰ったのは夜10時を過ぎていた。翌日から1000kmランをやるために早く寝たかったが、いつもの時間に就寝。
今回のツーリング(自分の中ではツーリングもロングライドも一緒)は3日で1000km以上走ること、それに、行ってみたい所に行くことが目的。
目的地は牛深、指宿、鹿屋、佐多岬、宮崎、そして別府。
日曜日は朝4時半出発のつもりだったが、眠かったので6時半出発に。
まず1つ目の目的地牛深を目指す。夕方六時半の最終フェリーまでには着かねばならない。
12時間を280kmなので問題ないはず。
博多から天草まではほぼフラット
天草からはアップダウンが始まるが、走りやすく、17時にはフェリー乗り場に到着。一便前に乗れる。
フェリーの待ち時間と渡る時間を含めて、1時間半の休憩。
鹿児島県に入り、夜間走行となる。眠くなるまで走る予定で行ったが、22時に眠くなったのでこの日は予定を切り上げて、南さつま市で宿泊。
本来は、大隅半島南側を経由して指宿の予定でした。
翌朝起きてからゆっくり出発。今回は時間に追われてないので調子が出てくるまでがアップ。
調子が出たかどうかわからないぐらい朝から向かい風と快晴。
しかも予報では夕方から雨、距離はいっこうに進まない。
このままきついまま昼間に走っても伸びないので、仮眠(昼寝とも言う)。この時点でまだ磯。
一番暑い時間に仮眠してリフレッシュ。
桜島を横目に見ながら日が暮れていき二回目の夜間走行になった。
38時間を超えてから鹿屋を通過した。
佐多岬は夜に行っても何も見えないので残念ながらパス。
日向海岸から宮崎方面へ
日向あたりから雨、レインジャケットだけでも気温が高いので寒くない。
ただ海沿いの道なので街灯なしなのは仕方ないが、田舎はこういうところが整備されるといいよね
眠くなってきたので青島で二日目が終わる。
早朝まで雨が降っていた。5時過ぎに雨がやんできたので、準備して出発。
3日目ともなると、ペースも上がらない。しかし、そこは気にならない。
延岡から別府は二回目なので前回のツーリングのことを思い出したりした。
前回は24時間520kmの最短宮崎往復ツーリング。北九州から宮崎県までを地図上で線を引き、その上の主要道にて繋ぐ。
当然小石原、阿蘇越えとなる。帰りはひたすら10号で北上。
そのため、延岡〜大分が重複区間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

レシート3

P1120012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レシート2

P1120011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レシート

P1120010

すっかり携帯壊れてわすれとったし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

その11

振り返ってみるといろんなことがあった
まだ、MTBしか乗ってないころに1泊2日で行けそうなところが、2泊3日になってしまい、挙句の果てに
最後の区間は大津から大阪というこの短い距離ですら行けなかったこと
しかも、それはこすりつけに同伴して雪の日に達成したことが最初だった
他にも、輪坊箪笥というコテハンと一緒にローテしながら行こうとしたが、
途中、輪坊がどうにもこうにもペースが上がらなくなったり、
どちらも途中落車(事故)を起こしてしまう、、なんてこともあったり、
今回よりもAveが高いにも関わらず、名古屋で脚の不調によりリタイヤしたり、、、
東京から大阪まで行ったけど、ペースアップするのがちょっと遅すぎて24時間をギリギリオーバーしてしまったり、
それでも大阪から東京までは24時間を切れたり、、
そんなこともありました
実際、2chのスレがなかったらこんな無謀なことは挑戦してないし、考え付きもしなかったと思う
まだ、こんなことを始めた当初は駆け出しのロード乗りで、いや、MTB乗りでレースにもちょっとしか出なかった
いや、もとい、ロード乗ってからは最初から実業団登録者だった
しかし、大して走れたわけでもない
今ではT○クラスで走っているわけだが、、全日本選手権も1度だけ出た(今年は出ないけどね)
ま、本業というわけではないけど、レースに打ち込むにはコレをやり残した感があって、
今回の挑戦を本気で、そして最後という気持ちで挑んだわけ
実際にレースをしていると自分より速い人はいくらでもいるし、それは登録者に限らず、、
こすりつけもその一人で、一緒に走るとこんなにはやいんか!?って思うことはシバシバ
だから、何が言いたいか?って言われると困るけど、
21時間はあくまで東京→大阪はあくまで目安でしかないと思うんだ
コレより速く走ることは可能だろうし、そういう人はいると思う
また、東京→大阪ではなく、さらにその先や、戸田さんのように東京→下関や青森→下関の挑戦もどんどんしてほしい
戸田さんのように週末の練習が東京>松本>直江津>新潟>東京をノンストップなんてことは今の自分には
到底出来ないし、その時間的な余裕もない
だが、そういう人もいて、それが非公式でもかまわないと思う
自分の記録も嘘ではないが、それを証明することはできない
それでかまわないし、そこから何か得ようとは思わない
あくまで自己満足でしかないがそこが一番大事なんじゃないかな
達成した後に54号が言ってた
実は「補給のタイミング」が一番皆が失敗することなんじゃないか・・・・と
補給は人それぞれなので、自分の方法が一番だとはまったく思わない
しかし、今が一番ペースが良くてココでコンビニに寄りたくない、、と思ったり、思わなかったり
そういうときにパワージェルやカーボショッツのような緊急用補食かな
今回の挑戦でも、書き忘れたが、カーボショッツ3個、もみじ饅頭2個、ドラヤキ1個をスタート時に持っていった
そして、最初の補給地点まではもみじ饅頭とドラヤキを食べた
また、カーボショッツはどうしても止まりたくないペースのときで
次のコンビニまで30分はかかるだろうという時に使用した
このおかげで、コンビニ回数を減らすことが出来たし、さらに補給を30分伸ばすことになった
別段、胃腸が強いわけではないと思う
最後の2回の補給はウィダーしか入らない状況だったし、膨張作用のあるドリンクは
難儀することとなった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

その10(余談)

今回、何回目の挑戦か自分でもよくわかっていない

大阪→東京の挑戦では23時間50分?だった
当時、それ以上を縮めるのは自分の中でも不可能だと思った
しかし、今回は東京→大阪の挑戦
スタートする前から24時間を切れる自信があった
なぜなのか??
練習時間も当時と比べると圧倒的に短い
大阪→東京と東京→大阪の難易度を比べるとおそらく後者のほうが高い
今回は何もかもがラッキーだった

第1に風向き
通常西風の日本だが、この時期はたまに東風になる
今回もそう。ただ無風区間もかなりあったので、気持ちの面が大きかったこともある
第2に気持ち(モチベーション)の低下が最小限に抑えられた
24時間を切れることではなく、誰も踏み入れることが出来ない領域の記録に挑戦しているということで
興奮して眠くなるなどということは一切なかった
しかも、雨で完全ウェットになっても同伴者がいたおかげでペースダウンをしなくてすんだことだ
第3に車からのストレス
渋滞がほとんどなかったことでイライラしなくて快適に、自分のペースで走ることが出来た
渋滞は御殿場周辺の30kmのみで、1時間ちょっとだけ、、

しかし、コレだけでは24時間を切れる要因にはなっていないはず
1号にこだわらなかったのは、純粋に区間タイムだけを狙ったから
なので25号を使ったし、246を使った
ロードにDHのポジションは速く走れる
しかし、このポジション、すごく疲れる
普段、トラック個抜きとか、団抜きでしか使わないのできついわ~

おそらく、練習でもAve30km/hで走ることが容易にできるようになってきたことかな
そんなに平均速度が速くなくても強度を出す練習は出来る
強度が高くなくてペースを上げる方法が自分なりに身についてることか

今回、21時間で走れたことからこのタイムを1分でも、いや1秒でも短くする方法は今はまったく考え付かない
この挑戦が東京→大阪、大阪→東京の最後になると断言できる
もう挑戦しない
あとはこの記録を誰かが抜いてくれることを祈るのみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その9

補正

走行時間
18時間26分34秒
距離
538.24km
アベレージ
29.1km/h
Max
71.5km/h

以上より、
トータル21時間ちょうどなので、、

停車時間も含めたアベレージ
25.63km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その8(2chより)

とりあえずデータ
走行時間
18時間26分34秒
距離
538.24km
アベレージ
29.1km/h
Max
71.5km/h

巡航は場所によって違うけど、
バイパスはだいたい38-40(向かい風でも)
他の平地は30-35ぐらい
上りは一番低いときで15くらいで、緩斜面は25くらい
全行程アウターしか使ってない

471 :やんぐ・ちゃあはん:2009/05/05(火) 13:33:01 ID:fO78Kc4d
挑戦の二日前、杖レの家まで移動
片道280km、朝寝坊したのであわてて出発
心拍計忘れたorz
いいや、今回メーターも無くても大丈夫な気がしてたのでそのぐらいね
時間も押してたから向かい風でもちょっと踏んでみる
しかし、今週はレースを2つ、飲み会を1つこなしてる身としてはかなりきつい
アベも伸びず、27.6だった
当然夜は飲み、翌日は当日に備えて軽く一時間30kmリカバリー
夕方羽田に移動して東京でも飲みw

472 :やんぐ・ちゃあはん:2009/05/05(火) 13:44:25 ID:fO78Kc4d
当日の朝はゆっくり10時に目覚め。
眠い、だがそれがいい!
走ってたら勝手にやる気になる
昼過ぎにしたのは、今回24時間以内は想定内だったこともあり、夜間走行のウェイトを取りたかった
友人のところから東京駅にはゆっくりペースで
14時まで10分程ストレッチとかしつつ、14時スタート
最初は日比谷通り、第一京浜とつなぐ
さすが東京や!
ロード乗りと同じ数のフェラーリが走ってるしw
別に驚かないけど…
第一京浜では毛ガニジャージの人が後ろに付いたりしてたが、すり抜けを都内ではしないので
その人は前に、その度ごとに車に迷惑かけてた
前に出るならせめて50ぐらいで巡航してほしいものだ
第一京浜から横浜で1号、戸塚から長後街道で246
小田厚側道は使わないことにした。意外に246が流れてた

473 :ツール・ド・名無しさん:2009/05/05(火) 14:02:09 ID:???
50で巡航とか変態かよ

474 :やんぐ・ちゃあはん:2009/05/05(火) 14:32:01 ID:fO78Kc4d
秦野の先で中学生が変速付きのロードもどきでリュック背負って20km/hで上ってた!スゲー!!
フラットペダル、スラックスで
頑張れよ~って言って追い抜いた
小山で最初の休憩
アベは26.6とかなり出遅れ
でも、キニシナイ
御殿場から先は下り基調、そこからはバイパスと静岡県で稼げる
案の定、沼津でアベは27に乗る
DHは速いけど、上半身疲れる。体幹がきつい
風は静岡から無風、なので走ったら向かい風
平地は30をちょっと越えるぐらい
今回は序盤から実力の60%ぐらいで走る、後のことは知らね

475 :ツール・ド・名無しさん:2009/05/05(火) 14:34:48 ID:???
レース2本こなしてるのならプロだろ

476 :やんぐ・ちゃあはん:2009/05/05(火) 14:56:16 ID:fO78Kc4d
25号の方が圧倒的に短いんだね
あのぐらいなら勢いで行けるぐらい長くないし、斜度も大したことないから早いね
途中のペースから22時間がギリギリかなぁ、って正直思ってた
距離がどれくらい短いか把握してなかったから大阪まで40kmってのを見たとき感動した
それを見たのが9時39分、21時間が見えた。それまでもかなりペースアップしてたけど、そこからは上りももがき
21時間ちょうどで、切れなかったのは残念だけど仕方ないか
知ってる人で一番速かった人は、20時間46分やったなぁ
サポート付きの二人で
ま、単独、サポートなしやから上出来やろぅ
ちなみにアベレージは途中ほとんど下がることなく、上がり続けた
29.1は四條畷から梅田の区間でマーク
コンビニは計5回のみ
4時間おきぐらい
後で内容をうpします

477 :ツール・ド・名無しさん:2009/05/05(火) 14:59:56 ID:???
東海道単独無休憩走行

478 :やんぐ・ちゃあはん:2009/05/05(火) 15:02:16 ID:fO78Kc4d
246と1号のアドバンテージはほとんど変わらない気がする
どっちが好きな方かで選ぶといいかも
オレはどっちかと言うと箱根がいいな
25号の方は勢いで上れるタイプの人はいいかも

479 :ツール・ド・名無しさん:2009/05/05(火) 15:03:31 ID:05Swb4hv
コンビニ5回ってスゲーな

480 :ツール・ド・名無しさん:2009/05/05(火) 15:03:45 ID:???
え?もう走り終わっているの?

481 :やんぐ・ちゃあはん:2009/05/05(火) 15:10:19 ID:fO78Kc4d
残念ながら?プロじゃないよ
プロと一緒にレースはするけど、何も出来んw
年35レースをこなしてたがww
フルタイムで先月は1000kmくらいしか乗れんかった
普段の練習も平日は通勤のみで往復一時間、土日合わせて300ぐらいのもんでし

482 :ツール・ド・名無しさん:2009/05/05(火) 15:14:34 ID:???
じゃあ毎週末やろう

483 :ツール・ド・名無しさん:2009/05/05(火) 15:20:35 ID:???
25号の無舗装路も勢い?
夜通ったときはあそこ怖かったなー

484 :やんぐ・ちゃあはん:2009/05/05(火) 15:29:52 ID:fO78Kc4d
あのぐらいは気にならないねぇ
シクロクロスやってたらねぇ

500 :やんぐ・ちゃあはん:2009/05/05(火) 21:18:57 ID:fO78Kc4d
今回の休憩、5回
小山、
おにぎり2個、水500、果汁ジュース270
静岡、
野菜ジュース200、豆乳200、おにぎり2個、オレンジジュース500
浜松、
ブリトー、ほっとレモン280、おにぎり2個、ドロリッチ、水500、桃ジュース500
弥富、
マックスコーヒー250、ウィダー2個、水500、レッドブル
伊賀、
水1000、カフェオレ、ウィダー2個

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その7

第6区間:伊賀~大阪

前の区間、加太からののぼりですっかりやんでいた雨で路面がドライになっていた
伊賀から県道をつないで国道163に合流
163からは遅いトラックに前をブロックされてしまい、上りはなんと8km/hしか出ない区間が、、、、
遅すぎやろ!!
とりあえず、のぼりで抜いておいて、でもくだりで追いつかれて、なんなんだこのトラックは・・・
しかもくだり、平地はとてつもなく速いし、、ペーサーすら使えないし・・
結局、単独で走ることに
大阪まで40kmの看板見て、さらにやる気になった
22時間は切れそうな感じやったのが、21時間が見えてきた
19時間39分でこの表示を見て、ave30ちょうどで21時間が切れる
後半のペースアップができるのも前回から同じこと
前回ほどのペースアップは出来なかった
aveもぎりぎり30に乗せるのがやっとのペース(信号停車時間も含む)
前回は、信号停車時間を入れてアベ36だったかなぁ
清滝峠が最後の上り、、ココは当然もがき、全開ペースなのに遅い
トンネルから下り始めてギアかけて、でも踏めないのでDH持ったまま惰性で下って全行程の最高速度
ココからが信号多くて、イライラするけど仕方ない
路肩も狭いので車と同じペースでしか走れない。
ま、たまに右車線から車を抜くことはあるけど、50km/hぐらいしか出てなかったりするし
梅田新道の交差点までは信号ダッシュ、ストップ、の繰り返し
すべてを出し尽くして21時間ちょうどでゴール
78.5km、2時間半

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その6

第5区間:弥富~伊賀 弥富と出るとすぐに雨がパラパラ それまでも雨が降ることはあっても気になるほどではなかった。しかし、今回は違いそうだ パラパラは次第にボツボツとなり、ザーザー降りとなってしまう。粒がでかいので一気に路面はウェットに.... しかし、この区間では一緒に走ってくれた人がいたのだ 偶然にも弥富から練習に西向きに行くという人に会い、とりあえずついていくと言う。 私はチームジャージを着ていたため、同じチームの人とよく練習するというこの男性と道中話が弾み、 弥富~亀山まで一緒に同行できた。ちょっと眠くなるころだったり、雨が降ってきて本来だと ペースダウンしてしまうところだが、気持ちを入れたまま走ることができた。 ずっと引く形となりその人は後ろに付いたままだったけど、それでも良かった 巡航は30-36km/h、1号が右に曲がってからの上り区間は25km/hの一定ペース すごいね、この人全然千切れないよ。。。 亀山からはその人は1号経由で滋賀から回って帰るとのことで分かれた 25号名阪国道旧道に入り、ココ通るの実は2回目 迷うことなく伊賀までスムーズにいけた 伊賀までは上りは極力ペースを落とさないように心がけるが、加太の上りはそれなりにきつい 舗装も悪いけど、このぐらいは、、ね 補給もなくなりつつあるけど、カーボショッツ持ってて良かった 野生の猿を見かけたけど、朝なので眠そう。。 しかし、こっちはやる気満々!! 一気に伊賀まで着いた。 コンビニ休憩。コレが最後の休憩にしよう。 固形物は取れそうにないのでウィダーとか飲み物とか、、 必要最小限の時間でいざ大阪へ向けて。。 あ、163のアプローの再確認もしておいた 67km、2時間45分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«その5